猫のサプリメントの効果と正しい選び方

猫のサプリメントの効果と正しい選び方を知ろう

この画面は、簡易表示です

さまざまな種類がある猫のサプリメント

獣医学が発達したおかげで、猫の寿命は以前に比べてずいぶん長くなりました。しかし、それに伴ってがんや腎機能低下、尿路結石、糖尿病、などの高齢になるとかかりやすくなる病気になる割合も高くなっています。これに対して体に栄養を補給することで健康を維持させようとするのが、サプリメントです。さまざまな種類があり、一つの病気に対しても違う種類があるので選ぶときにはその子にあったものを選ぶことが必要です。どちらかというと予防のために早くから使うケースが多いですが、症状が出てしまってから代替療法的に使うこともできます。これで確実に病気が治るというわけではありませんが、病気の予防によって寿命を延ばすことを目的として、不足しがちな栄養素を補う形で使ってあげるといいです。

腎臓の機能をサポートするために

猫の病気で多いのが、腎疾患です。病気のトップ3に入るほどかかりやすい病気で、15歳以上になると30%は慢性腎不全を発症するというデータもあります。慢性腎不全は腎機能が失われていく病気で、体内の老廃物が処理できなくなってしまうのが怖いところです。そのために動物病院では療法食を与えることもありますが、それ以外にサプリメントで体のサポートをしてあげるといいです。療法食をあまり食べない子であれば、リンや老廃物を吸着させたり、窒素物を低減させるようなものが適しています。また、カリウムが不足することもあるのでカリウムを補ったり、貧血が出たら鉄や銅、ビタミン群が配合されたものを補助的に与えてもいいです。ただし、これは獣医師に血液検査をしてもらってから与えないとかえって症状が悪化することがあるので注意が必要です。

免疫力アップをサポートする種類

免疫力が低下すると、猫エイズキャリア、口内炎、慢性鼻炎などが悪化することがあります。動物病院での治療をサポートするために作られたサプリメントでは、免疫賦活作用によってNK細胞を活性化のサポートをするものもあります。他にも酵素によって体本来の回復力をサポートするような種類もあり、腸の状態を立て直すことで根本から改善できるようになっているのが特徴です。パウダーやドリンク、濃縮スプレーなど形状もそれぞれ異なるので、使いやすいものを選ぶと継続摂取させやすくなります。サプリメントは通信販売でも購入することができますが、使う前には獣医師に確認して使っても問題ないかどうか確かめておいた方がいいです。犬にも使えるタイプもありますし、猫専用に作られていたものもあります。





top